canno-shiのすこしみらいを考える

現在と過去を通じて少しだけ未来を考えるためのブログです。予測ではないですが、ありたい未来を考えていく気持ちです。

幸せになるための3ステップと9+1の問いかけ

かれこれ3年ほどこのブログを続けているのですが、1番読まれているのが、2015年のクリスマスに「幸福(=幸せ)」について書いたこちらの記事です。

 

幸福について本気を出しすぎて考えたら、マズローの自己実現理論を更新して世界平和を希望していた話。 - canno-shiのすこしみらいを考える

 

今読んでもそこまで悪くないと思うのですが、回りくどくて長い(自分の文章は大体そう)のと行動につながる部分がなかったため、シンプルに分かりやすい形式で書き直したのが本記事です。

 

日本は元気がないだとか、周辺国との関係悪化だとか暗いニュースが多いのですが、年末年始くらいは前向きな未来を考えるきっかけになれば、という気持ちで書きました。

 

それでは、さっそく本編に入りましょう。
本記事の構成は以下の通りです。

 

1.幸せとは何か?の再確認
2.幸せになるための3ステップ
3.9+1の質問

 

1.幸せとは何か?の再確認

「幸せとは人生の究極の目的である」というのはアリストテレスの言葉です。
ではその幸せとはどういうものかというと、個人的には「満たされた状態が長く続くと確信できること」だと捉えています。(2年前と若干表現が変わっています)

 

この言葉は、以下の3つに分けて考えることができます。

1.満たされた状態
自分として満足していて、足りないものに思い煩わされることはない、という状態です。
どれだけ地位や名誉やお金があっても「もっと欲しい!」と思っているうちは満たされていない、ということです。

2.長く続く
一時的な幸せ(美味しいものを食べる、思いがけない大金が手に入る)は日々の活力になりますが、長期的な不幸せ(不健康になる、使い果たして貧しくなる)の原因になることもあります。
日々辛いことや苦しいことがあったとしても、少なくとも数年ぐらいのスパンで満たされていると感じられることが、幸せにおいては重要です。

3.確信できる
「今の満ち足りた生活がいつか壊れるのではないかと不安」というのでは、幸せとは言えません。
そこに至るまでの自分の行為や能力、人との関わり方に裏打ちされた結果として満たされた状態になることが、幸せの1つの要素となります。

 

この3つの要素を満たすには、どんな手順を踏んで何を考えればよいのか。
それを知るために、幸せになるための3ステップと9+1の質問を続けて見ていきましょう。

 

2.幸せになるための3ステップ
STEP1:自分が満たされることを感じる・理解する
STEP2:満たされるための環境をつくる
STEP3:つくり上げた環境を維持し発展させる

 

3.9+1の質問

STEP1:自分が満たされることを感じる・理解する
・自分が満たされたと感じるのはどんなときですか?
・自分が満たされるときのきっかけは何ですか?
・満たされないとしたら、基準を下げることと満たされるまで努力することのどちらを選びますか?

 

STEP2:満たされるための環境をつくる
・自分が満たされたと感じる時間を増やすために、何ができそうですか?
・満たされたと感じるとき、その影響度が高い要素は何ですか?(人、モノ、お金、達成すべき目標など)
・その環境をつくるために新たに取り入れるべきものや、捨て去るべきものは何ですか?

 

STEP3:つくり上げた環境を維持し発展させる
・その環境が3年後も機能するために、今取り組まなければいけないことは何ですか?
・その環境が1年以内に壊れてしまうとしたら、その原因は何ですか?それに対してどんな対策が打てますか?
・今の「幸せ」をもっと研ぎ澄ませたり、自分らしいものにすることはできませんか?

 

最後の1つ
・自分が幸せなままで、他の人を今よりも幸せにする方法はありますか?

 

 

いかがでしたでしょうか?
人によっては最初の質問で「ここ最近、心から満たされてるって感じたことあったっけ?」と詰まってしまう方もいるかもしれません。
その場合、自分の素直な気持ちや感覚と向き合う時間が足りていないのかもしれません。
何が自分の幸せにつながるかが分からなければ、ここで定義した意味で「幸せ」になることはできません。

 

逆に言えば、それさえ分かれば、そう感じられる時間やきっかけを増やし、環境を整えていくことで、幸せになることができます。
重要なのは、そのための選択肢を自分で決断し、選んでいくことです。
なぜなら、自分が目指すべきは「一般的な幸せ」ではなく「自分なりの幸せ」だからです。

この10の問いかけが、少しでもお役に立てることを願っています。

 

 

 

 

-----

さて、本記事の本編は以上で終わりです。
ここからは余談として「幸せになることが難しい3つの理由」を書いていきます。
ご興味がある方は、今しばしお付き合いくださいませ。

【理由1:自分の感覚を素直に受け取ることは難しい】
通常、人は目の前で起きていることを過去の様々な経験に照らして判断しています。
これはマインドフルネスの文脈でよく言われる「いまここを大事にする」という話と近いのですが、その経験に照らした判断は、基本的には偽物です。
私たちは「2日続けてお茶碗1杯のお米を食べた」と話しますが、今日食べたお米と昨日食べたお米はその炊き加減、食べるときの暖かさ、量が確実に違うのです。

これがお米ではなく「喜び」や「恐怖」であった場合、話の重要度がぐんと上がります。
自分にとって「より幸せにつながる喜び」や「より不幸せにつながる恐怖」は何か?
これを考えるために、喜びや恐怖などの意味合いを高解像度で感じ分けることが不可欠なのですが、これが難しいのです。

 

【理由2:満たされることは難しく、発展させることはより難しい】
自分が満たされていると感じるためには、今あるもので良しとする態度が必要です。
しかし、資本主義社会では常に個人の欲求は刺激され、今以上にお金を使わせる仕組みがあちこちに存在しています。
こうした状況の中で「今の自分は十分に満たされており、必要なものを手にしている」と確信を持つことは難しいです。

また、発展とは現状を変えていくことです。
「今あるもので良しとしながらその現状を変えていく」という矛盾を乗り越えることも当然のように難しく、変えていく中で必ずしも良い方向に向かうとも限りません。
現状を肯定しながらさらに良い未来を目指すためには、人生に対する前向きな姿勢が必要になります。
悲観的な人よりも楽観的な人が幸せを感じやすいというのは、こうした物事への取り組みやすさも影響しているのかもしれません。

 

【理由3:自分の幸せにつながる最適な方法を選ぶのは難しい】
突然ですが、なぜ同じことをしても幸せそうな人もいれば、不幸せそうな人もいるのでしょうか。
それは、幸せの形が個々人によって違うからです。
つまり、幸せになるための方法も、個々人によって違うということです。

一人ひとりが自分にとって最適な方法を選ぶことが理想的ですが、それを教えてくれる人は非常に少ないです。
「有名大学に行って大企業に就職して結婚して子供を育て上げる」という方法が多くの人を幸せにした時代はすでに過去のもので、現代では自分なりの方法を見つけなければなりません。

そのために必要なことは「様々な方法を知って試してみること」であり、色々な生き方・働き方・愛し方・考え方・感じ方・価値観などに触れることが前提となります。
逆に言えば、そうしなければ自分なりの幸せにたどり着くことは、非常に難しいと言えるでしょう。

 

 

最後に、幸せになりやすい人がいるとしたら、それは周囲の人に愛され、周囲の人を愛し、世の中的に評価されやすい分野で高い能力を持った人物だと思います。
それこそが、「長期的に自分が満たされている環境」を維持するもっとも根本的な方法だからです。

そうであれば、現代において身につけるべきことは「周囲の人と良い関係を築く方法」と「自分の得意分野を世の中で役立てる方法」の2つに集約されるのではないかと、そんなことを考えるのです。

12月は思考を飛ばすのにちょうどいい。

時々、ふっと思うことがあるんです。
「ああ、やっぱり世の中には、毒が足りないなぁ」と。
もっと言えば「毒を目の前にして目を逸らさずにいられる人はそこまで多くないなぁ」と。

 

ここでいう毒というのは当然そのままの意味ではなく、あえていうのなら「人の暗い感情を刺激するもの」とか「何か世の中に反抗するような、人の役に立たないけれど深い部分に刺さるもの」とか、そういうものを示しています。

 

おそらく、アングラな場所にはある程度あるんだと思います。
少人数で集まって、外に漏れないように、身内で楽しんでいる毒はたくさんあるんでしょう。
(それが本当に毒なのか、希釈されたものかはさておき)
ただ、それが身内に閉じている以上、結局世の中一般に広まるのは、前向きで、誰かの役に立って、きちんと利益も生むような、そういうものにならざるを得ません。

 

でも、人ってそんなに綺麗じゃないし。
誰かを妬んだり、大事なものほど壊してやりたいとか、他の人よりも優れていることを証明してやりたいとか、そういう欲を持ってるものだし。
それを綺麗にオブラートに包んで「私は自分の欲ではなく世のため人のためという使命感でやってござい」なんて、その方が見栄えがいいから(あと誰からも非難されなくて楽だから)そうしているだけで。

 

それをうまく世の中に適合させると「君の名は」とは「うんこ漢字ドリル」とかになるんでしょうけど。
そういうものを生み出せていない自分が何かを言っても、あんまり大したことにならないなぁとも思うんですけど。
でも、たまにはこうやって言葉にしておかないと、自分も薬漬けにされていることに無自覚になる気がしていて。

 

今年1年は仏教(禅)やマインドフルネス、ベーシックインカムなど「個々人の心や社会の平穏をどのように実現していくか」という方向を主に学んでいました。
その中で「なぜ人は変化をし続ける必要があるのか」「その変化がそれまで自分が培ってきたものを脱ぎ捨てる(アンラーニングする)ことであるのはなぜか」という問いが生まれており、その先に「個々人が自らの中に見出すべき拠り所とは結局何なのか?」という問いがあります。
だって、外部に依存してたらいつまで経っても平穏に生きられないじゃないですか。
ベーシックインカムは、社会システムとして限りなく平穏に近い状態を作ろうというものですが、資本主義社会が継続し続ける前提で成り立っているので、強度としてはそこそこレベルだと思います)

 

そんなわけで、僕たち私たちは「今すぐ死にたい」から「永遠に生き続けたい」の狭間の中で、他者や社会とうまく関わりながら、それらに依存せず自らの「善く生きる」を確立するという、非常に難しい仕事を与えられているわけです。
重要度と緊急度でマトリクスを組んだ時、緊急度が低く見えるから毎日は取り組んでいないだけで。気づくのは大体何か大きな事件が起きた時で、それまでの人生を変えなきゃいけないぐらいの場面なのですけれど。

 

最初の毒の話から、だいぶ遠くまで来てしまいました。
そこに関連性があるとすれば、世の中に毒を広めることと個人として社会の中で善く生きることが、矛盾しているように見えることでしょう。
この矛盾を解消するには「この毒はいずれは薬となり、社会全体が善い方向に進む」というものを見つけ、それを確信にまで高める必要がありそうです。
一見世の中に害がありそうなものを「きっと世の中の役に立つから」と突き進めて行くのは、良くて自己弁護でしかありません。
ただ、それすらできなければ、自分は「世の中で正しいとされていること製造マシン」にしかならないのです。
「それの何がいけないの?」と言われれば「あなたはそのまま真っ直ぐ生きてくださいね」と言うしかないのですけど。

 

20代も終わりに近づいて、いまだに大したことも成し遂げていない自分が「世の中」を語るのは非常に小っ恥ずかしい話なのですが、たまにはホラでも拭いていないと出来ることも出来なくなりますので。
12月はこんな感じで思考を自由に動かして、来年取り組むテーマをいくつか見つけられたら良いなと、こう思うのです。
さ、今年も残りあと1ヶ月。大胆かつ丁寧に過ごしていきましょう。

理性至上主義者が感情に意味を見出すまでの物語

 

あるところに、一人の少年がいました。

 

彼は、人類が何千年もかけて技術や思想や社会制度を進歩させてきたことに比べ、個々の人類がほとんど進歩していないように思えることを、とても不思議に思っていました。
彼なりに考えた結果、その根本原因は「感情に振り回され、理性を正しく使えていないからである」という結論に辿りつきました。

 

「恋愛は不合理だ。一時の感情で特定の人間を好きだの嫌いだのというのは理解に苦しむ。好意を抱くなら抱くとして、他人にも納得できる理由を明らかにすべきだ」

 

「感情的になるから判断を誤るのだ。常に理性が優先すればこそ、最適な解にたどり着く」

 

「政治家を理性的に選ばずして何が民主主義か。タレント議員などという言葉が生まれること自体、現代社会の未成熟さの現れである」

 

こうして少年は、あまり立派でない理性至上主義者になりました。

 

-------

 

やがて少年も月日を重ね、世の中的には大人と言われる年齢になりました。
様々な出会いから、その偏った思想は和らぎつつありました。
それでも彼は、理性至上主義者であり続けていました。

 

感情的な人を見ると「なんでこの人はこのように感情を公にできるのだろう。理解に苦しむ」などと、これまでとは別の意味で残念な考えに至りました。
「感情が人を癒すことは認める。だが、感情は人を救うことはない。救いは理性による」といった、中世のスコラ哲学者もかくやという思想も健在でした。

 

-------

 

ところが、やがて彼にも転機が訪れます。
ついに、理性を至上の座から引き下ろし、感情の方がとは言わないまでも、理性と感情を同列に扱うこともやぶさかではないという思想に至るのです。
その転機は、以下の3つの事項を了解することから生じました。

 

1.理性もそれほど万能ではない。それどころか、自分自身を欺くことすらある。
2.理性だけでは、選択はできても決断はできない。決断とは感情の産物である。
3.理性で全て上手くいくことは理想的だが現実的ではない。そして現実は理想ではない。

 

果たして、何が彼を変えたのでしょうか?
それは、理性に対する新しい捉え方の発見によるものでした。

 

彼は、理性という言葉を「思考、論理、順序立てられた考え、精密なシステム、明朗さ」と言った言葉と関連づけて考えていました。
つまり、理性的であるとは「あるほころびのないシステムに生き、論理の力を使いながら思考し、その考えを明朗に順序立てて提出すること」なのでした。

 

ただ、そのうちのいくつかは、思っていたよりも信頼が置けないものだということが分かったのです。
例えば、人間の思考はその人自身と無関係に生じることがあります。
目を閉じて「何も考えないように」と思っていても、明日の天気が気になったりやり残した仕事のことを考えたりしてしまうものです。
つまり、人間の思考には「自発的に行ったもの」と「自動的に浮かんでくるもの」の2つがあり、その区別は非常に難しいのです。

 

また、論理も万能ではありません。
いくつかの選択肢がある場合、論理的にその良し悪しを検討し、選ぶことは可能です。
ただし、現実においてあらゆる選択肢が提示されることはなく、様々な制約条件の中で不十分なものを自己の責任において選ぶことを「決断する」行為が必要です。
この場合、論理的に考えれば、文字どおり「何も選べない」ことになります。
ここで必要なのは感情、もっと言えば私情であり、それをもって自分の責任で完遂したり、周囲の協力を得たりするものです。
(さらに言えば、論理だけで誰かにお願いをした場合、感情を伴う場合よりも大抵は非常に受けが悪いという「現実」もあります)

 

さて。こうして少年は大人になり、理性至上主義を捨てることになったのです。
しかし、彼には新しい野望がありました。
それは、理性と感情、双方の影響下にある意思決定を最適化するメカニズムを明らかにすることです。
まるで料理のレシピのように「200℃に熱したオーブンで15分間焼いた理性に、きめ細かくなるまで混ぜた感情をかけた時がもっとも良い意思決定ができます」なんて話ができたら、素敵だと思いませんか?

 

こうして彼は今日も、自分の理性と感情を題材に、人類の進歩について考えるのでした。

-------

風が吹けば、ろうそくの炎は消える。しかし、焚き火の炎は燃え上がる。

このブログで1番読まれている記事は、2015年の年末に書いたこちらの記事です。

 

幸福について本気を出しすぎて考えたら、マズローの自己実現理論を更新して世界平和を希望していた話。 - canno-shiのすこしみらいを考える

 

当時常に考えていた「幸せとは何か?」という問いに対して、自分なりに地に足のついた形で言葉にできた記事で、今でも非常に良い考えだと(自画自賛ですが)思っています。
さて、ここから1年半経って自分の考えが変わったかといえば、それほど変わってはいません。
少し言葉は変わりますが「幸せは満たされた状態が続くと確信できることである」というのは、今でも過不足のない定義だと思っています。
ただし、意見や行動は非常に大きく変わりました。

 

自分が絶対にやりたいことを「京都で暮らしながら、楽しい仕事をすること」と定め、それができる可能性が高い環境に身を置くことができています。
様々な人に話を聞き「君はもっと自分の好きなようにした方がいい」と言ってもらい、今一度自分の素をさらけ出すことを良しとしています。

 

では、なぜ自分の行動が変わったのかと言えば、常に自分が今上記の幸せの定義に即した状態にあるかを考え、違うとしたら何が必要なのかを見つめ直していたことです。
その上で、それが手に入りそうな場所にとにかく行き、多くの人に相談していたことで、自分に変化が起こったときにすぐに行動に移すことができました。

 

タイトルの言葉は、今読んでいるとある本から影響を受けたものです。
それについても近いうちに書くと思いますが、同じ刺激、同じ影響であっても、自らがろうそくなのか焚き火なのかによって及ぼす作用は全く異なります。
そして、焚き火を組むためにはろうそくに火をつけるよりも手間暇がかかります。
もしかしたら、他の人に手伝ってもらう必要もあるかもしれません。
しかし、そのイメージこそが重要なのだと、心からそう思うのです。

 

自分は昔から「すべての人が幸せになればいいのに」と、素朴に考えてきました。
今でも、そのために何かを形にしたいと強く思っています。
もちろん、1つの物事が万人に受け入れられることはありません。
それができるなら、おそらく唯一の世界宗教がすでにこの地球上に存在していることでしょう。
個々人が違うから面白いし、人類としても生きていける。
ただし、誰もが「自分なりの幸福」を求めて生きていることは間違いない。
どれだけ辛い状況にいる人でも「もう少しマシな環境に行きたい」と思っているはずだし、すでに満たされている人も「何か他に自分にできることはないか」と考えているはず。
こうした人類の様々な状況に対して、少しでも時代が前に進むための手助けができないか。

 

そんな青臭いことを考えながら、今日も自分は生きているのです。
ろうそくとしての生き方も良い。
ろうそくにも色々あるし、アロマキャンドルなら周りの人を癒すこともできるでしょう。
ただし、自分は焚き火にならないといけない。
それを囲んで多くの人が楽しみ、何かを感じるような、そんな人になりたいと思うのです。

 

そんな「頑張るよ宣言」をして、ブログ企画は終了にしたいと思います。
今後も定期的に更新していきますので、その際はぜひ、お付き合いくださいませ。

1ヶ月ブログを書き続けて気づいた2つのこと。

その1。自分にとって、書くことは素の自分と向き合う重要な時間である。
その2。毎日何かを書こうとすると、思考の深まりが足りず中途半端なものになる。

 

書くこと自体は、思ったよりは全然辛くありませんでした。
実は自分は中学生くらいからブログは書いていて、今でも2005年〜2012年のブログはネット上に残っているのです。
当時高校生だった自分が書いた文章を読むのは苦行に等しいものですが、それでも1年生の時の体育祭の思い出とか、受験前後の頑張りとか、そういうものが生々しく残っているのは非常に面白いものです。
本当の黒歴史なので、どこにも出せないですけれど。

 

そういう意味で、将来から振り返った時の思い出として日々書き連ねることは悪くないかもしれません。
ただ、もはや日々何かを書いたとしても、結局扱っているテーマや書きたいことはそれほど広がりません。
とするならば、本当に自分と向き合う必要のある問題に対して、相応の時間をかけて考えたこと。
これを記す場としてブログを活用して、後から振り返った際の自分の思考の変遷を辿れるようにしておくこと。
これが自分にとっての何かを書き残しておく意味なのかな、と改めて思いました。

 

ただ、気づいたことに対する反省もありまして、まず1番目については「いかに自分が普段仮面を被って生活しているか」ということがとてもよくわかりました。
誰しもTPOに合わせた振る舞いをするわけですが、それでももう少し素を混ぜておかないから「なんか取っつきにくい人だと思ってました」とか言われてしまうわけです。
別に威厳を出す必要がある年齢でも立場でもないし、もう少し心を開いていただけるように過ごすべきだな、と思いました。

 

2番目に関しては、自分が思考をどのように深めているかを客観的に見たときに、無駄が多いなという気づきです。
ストレングスファインダーをやると、内省・学習欲・収集心が上位に来ます。
つまり、新しいことを調べて考えることは、自分にとって最高のご褒美なのです。
そのため、情報を調べすぎるという無駄が発生します。
それ自体が楽しいので良いといえば良いのですが、限られた時間で何かを書こうとするなら、もう少し事前にテーマを定めて、それに必要な情報に対する感度を高める方が良いな、と思ったのでした。

 

さて、ブログチャレンジも残す所あと1日となりました。
明日書くテーマはもう決めているので、それに従ってばーっと思考を走らせようと思います。
それでは、引き続きおつきあいくださいませ。

問題そのものではなく、自らが生み出した問いと格闘せよ。

アインシュタインの有名な言葉が、問いと解決の関係について、非常に重要なことを示している。

 

いかなる問題も、それを作りだした時と同じ意識レベルで解決することはできない。

The problems that exist in the world today cannot be solved by the level of thinking that created them.

つまり、意識の階層を上げなければその問題の本質は見えないし、当然解決策も出てこないということだ。
では「意識の階層を上げる」とは何かと言えば、それはその問題をより包括的に捉え、違う文脈に置き換えたりこれまでとは違う切り口で分解したりできるような糸口を見つけるということだ。

 

例えば、死の恐怖に怯える人が「死ぬとはどういうことか」という問いを立てたとする。
このままでは何ともとっかかりがないが、死の対義語として生があると思えば「生きるとはどういうことか」という問いに変わる。
これも格闘するにはふわふわとした相手だが、ここからより考えを進めて「生きるとは万人にとって同じ体験なのか?(違うはずだが、それを前提に考えていないか?)」「死ぬことで何を失うことが怖いのか?それは生きている間に大事にすべきものか?(大抵の場合本当に大事なものは別にある)」「これまで死んでから生き返った人はいないのか?(臨死体験というものがあるようだ)」などと色々な問いを立てていけば、少なくとも幽霊を相手に取っ組み合いをするようなことにはならないだろう。

 

ここで行ったのは「生は死を含む概念である」という意識の変更であり、死そのものではなく生の中にある死を捉えることで、最初の「死ぬとはどういうことか」に答えようとするものだ。

この正しさは別にして、一応「逆転」という発想を用いているのでオズボーンのチェックリスト的にも間違っていないと思われる。

 

オズボーンのチェックリストを使ってアイデアを自動的・強制的に出す方法

 

また、この「問いの質を上げる」ということについては、安宅さんの「イシューを見極める」という考え方が役に立つ。
それは「具体的な仮説を正確な言葉にすること」だ。

言葉にすることで「最終的に何を言わんとしているのか」をどれだけ落とし込めているかがわかる。言葉にするときに詰まる部分こそイシューとしても詰まっていない部分であり、仮説を持たずに作業を進めようとしている部分なのだ。

 

例えば先ほど「死」という言葉を何気なく使ったが、この言葉も非常に曖昧だ。
漠然と考えると老衰による死を考えるが、事故死もあるし自殺を考えることだってできる。
法律上は「失踪して7年間経ったのち、失踪宣告の申立ができ、認められれば死亡」と認められる。
つまり、現代社会には肉体的な死と制度的な死があることがわかる。
基本、生きている人が恐れるのは前者だが、後者を知ることで、前者の死をより相対的に見ることができる。

 

個々人にとって「理解する」とは「納得する」とほぼ同義(ここを分けて行動できる人もいるが)であり、そのための方法は人それぞれだが、人間は比較と直感の2つで物事に対して納得すると思っている。
つまり「AはBより良い」か「Aは感覚的に素晴らしい」のどちらかである。
多くの人は、感覚的に素晴らしいものを後付けで比較し「やっぱりAが良い」という納得感と選択した意識を持つものだ。

 

さて、話が逸れた。
今回言いたいことは全てタイトルに現れているから、実はこれ以上書くこともない。
死について書きたかったがためにこのテーマを後付けで思いついたとしたら、ここまで読んでくれた人はどう思うだろうか。
しかし、それすらも別にどうでもよく、自分にとって「現時点での死」はすでに過去のものになっていることが再認識できたことが重要だ。
もう少し「死」が身近になった時、また取り組むテーマになるのだろう。

 

そろそろ次の問いに取り組むべき時が来ている。
ベーシックインカムの話はその一部ではあるが、本当に戦いたい相手とは少し違う気もしている。
新しい問いを探索する。この時間が楽しいことを、どれだけの人が共感してくれるだろうか。

食べ物がその人の身体を作るなら、音楽がその人の心を作るということはないか。

自分は音楽が好きで、その中でも「オリジナル女性ボーカル同人音楽」という、非常にマニアックな領域にかれこれ15年近く存在しています。

もともとは兄の影響で「ゆず」「布袋寅泰」とかを普通に聴いていて、その後ゲーム音楽からケルト系の民族音楽にハマり、何とか無料でいい曲が聴きたい!とPCゲームの主題歌を漁っていたらKOTOKO真理絵さん、志方あきこさんに行き着き、そこからは同人音楽の世界にどっぷりです。
僕が「本当に好きなものは何?」と聞かれたとき、唯一自信を持って答えられるのが、オリジナルの同人音楽なのです。*1

 

で、僕は大学の卒論で聴覚について書いたのですが、それはひとえに「音楽が人に与える影響って一般に思われている以上に大きいんじゃないか?」と思っているのです。
というか、ビートルズのように音楽が世界を変えた例もあるので、正確には「昔は凄かったと思われている音楽の力だけれど、別に今でも十分凄いんじゃないか」と思うのです。
確かにCDは売れなくなりオリコンもどうなの?と思いますが、それは音楽の視聴環境が時代に合わなくなっただけであって、ストリーミングサービスは盛り上がり、youtubeのMVの再生回数は(喜べないかもしれませんが)数百万回を軽く超えるではないかと。

 

例えば、音楽のテンポ(bpm)というだけでも、非常に興味深い話が色々と出てきます。

 

2010年代のJ-POPのテンポが「高速化」してるという話 - 日々の音色とことば
くるり(bpm72)やフジファブリック(bpm130)からチームしゃちほこ(bpm190)、ハチ(米津玄師)さん(bpm250)まで、色々な曲を取り上げながらそのbpmと与える印象について教えてくれます。
関係ないけど、ハチさんのドーナツホールは名曲だと思う。

 

で、タイトルは微妙だけど、bpmが速い曲は集中力を阻害する研究もあるとか。

仕事中にBGMを流す人は無能!英大学の研究で判明 | ハーバービジネスオンライン

これはある種当然で、曲=リズムなわけだから、音楽を聴くというのは非常に身体的な活動ですよね。
集中したいときに身体を速く動かすなんてことはあり得ないわけで、その身体的刺激が脳にフィードバックされたら、そりゃ落ち着かないでしょうというのが個人的な見解です。

 

そして、音楽を聴くのが身体的な経験ならば、それがその人の心(=外界に対する反応のパターン)に影響しないわけもなく。

好きなジャンルで性格もわかる? 「音楽と人間」の研究 | ライフハッカー[日本版]

これは半分眉唾ですが、感覚的には本当だと思うんですね。
ある程度選り好みして音楽を聴く人なら、その曲を知ればその人のことがわかるはず。
ただ、音楽は聴いたことがないと絶望的に想像できないので、浅いコミュニケーションツールとしては難しいのですが。

 

とまぁ、そんなわけで最後に、最近1番好きな「にゃーろんず」の曲を貼りますね。
やくしまるえつこさんとか岡崎律子さんとか、そのあたりのウィスパーボイスが好きな人は気に入るんじゃないかな。


「いのち短し恋せよ乙女」short ver.

 

そして、この曲が好きな自分の心とは一体どんなものなのか……。
そんなことを考えてみると、楽しい連休が過ごせると思います。たぶん。

*1:東方や二次創作系も一時期は聴いていましたが、追いかけきれないので今は一切追わなくなりました。